企業を好調にするにはブランド連想が大事!事例も交えて徹底解説!

商品・サービスを知ってもらうには、ブランド連想を意識することが大事です。

ブランド連想とは、身近なところでは、「〇〇(商品・サービス)といえば、△△(企業名)!」と、商品・サービスを購入するとき、どのメーカーや店が良いか候補として浮かぶ状態であることが、ブランド連想に関する一つの指標として考えられます。

今回は、初めにブランド連想を紹介し、それに関連する大事な要素を紹介します。

ブランド連想とは

ブランド連想とは、利用したい商品・サービスを選ぶとき、候補として頭の中に浮かぶことです。

頭に浮かぶのは、その人にとって知名度が高く、安心できるメーカーだと認識されている証拠でもあります。

例として、ネット通販を利用するとき、真っ先にAmazonや楽天を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

それだけブランド連想が強力であるということです。

良い印象を持つブランド連想が目的ですが、悪いイメージを持たれたら、ネガティブな印象で候補に入れられる恐れがあります。

ブランド連想が高ければ、顧客に選ばれる確率が上がるので、意識して対策する必要があります。

ブランド連想で大事なこと

ブランド連想では一貫性を意識することが大事です。

ブランドのイメージや形を頻繁に変えたりすると、顧客が企業に対する良さが分からなくなり、離れていく恐れがあります。

全く変化させないと、顧客がブランドに飽きてしまう可能性もあります。

そのため、根本的な良さは変えずに、変えれる部分は試行錯誤する必要があります。

例として、三ツ矢サイダーは1884年に発売して100年以上経ちますが、変わらず人気商品です。

デザインや容器、成分の変化、味の種類が増えたりと改良はしていますが、根本的な味などは大きく変化していません。

顧客の頭に自然と浮かばせることが目的なので、しっかり定着させることが重要です。

例として、広告を出し続けて忘れさせないようにしたり、常に商品を提供できる状態にすることが挙げられるでしょう。

欲しいときに利用できないと、がっかりして忘れられてしまう可能性があります。

一貫性を意識し、顧客の頭に定着させることが大事になります。

ブランドエクイティを知る

ブランド連想とは、ブランドエクイティの1つの要素でもあります。

ブランドエクイティとは、ブランド認知、知覚品質、ブランドロイヤリティ、ブランド連想の4つの構成で成り立つ用語です。

詳しくはこちら

ブランド連想を知るには、それ以外の要素も知っておく必要があります。

ブランド認知

ブランド認知とは、そのブランドを知っているかの度合いです。

顧客は知らないブランドよりも、知っているところの方が安心感や信憑性が持てます。

ブランドエクイティにおいて、一番最初に高めないといけない要素です。

認知の上げ方の例としては、独自のストーリーや世界観を伝えることです。

どのような理由でこの商品を作ったか、どのような特徴があるかを考えます。

現代は様々な類似商品があるので、差別化が必須になってきています。

商品に合うターゲットをしっかりと選別する必要もあり、ニーズがない層に伝えても効果を最大化することはできません。

ターゲットを決めずに情報発信しても、反応がなく認知されることが難しくなってしまうので、ターゲットは具体的に決める必要があります。

知覚品質

知覚品質とは、顧客が持つ商品やサービスの品質イメージです。

企業側がどれだけ品質に自信があっても、顧客が良いと判断しなければ意味がないです。

ここでの品質は、作りや性能だけでなく、安心感や雰囲気などの漠然としたイメージも想定されます。

知覚品質を高めるポイントは、品質が良いことを証明し、顧客に信頼してもらうことです。

例として、競合商品との比較、実際に使用している動画を見せる、原料や成分、製造過程など、目で見て安心させれるアピールが大事です。

詳しくはこちら

ブランドロイヤリティ

ブランドロイヤリティとは、どれだけそのブランドにファンがいるか、愛着があるかを示すものです。

愛着が高ければ、顧客はそのブランドから簡単に離れなくなり、利用し続けてくれます。

ブランド自体を好きになっているので、関連商品にも興味を持っていただくこともできるでしょう。

顧客自身がSNSなどで宣伝してくれる可能性も高く、自発的に知名度が上がり、広告費を削減できるメリットもあります。

似た言葉に顧客満足度があるが、これは商品・サービスに対しての満足度ですので区別する必要があります。

ブランドロイヤリティと違い、ブランドに対しての愛着ではないので、条件次第では別のブランドに顧客が乗り換える可能性もあります。

ブランドロイヤリティを高める方法の例としては、ファンがSNSなどで商品・サービスを紹介する一つとして挙げられます。

会社と関係のないファンが紹介すると親近感が湧き、良さが伝わりやすい傾向にあります。

もう一つの例は、会員特典や専用のアプリなど、ユーザーに寄り添った仕組みを作ることです。

スターバックスには専用のアプリがあり、ポイントが貯まったり、事前予約ができてレジを待たなくて済みます。

ブランドロイヤリティは、ユーザーに寄り添った対策が重要です。

詳しくはこちら

有名メーカーによるブランド戦略の事例

ダイソンの戦略事例

掃除機や扇風機などで有名なダイソンは、技術志向のブランド戦略を強調しています。

社長であるダイソン氏自身がチーフエンジニアであり、存分に技術開発に力を入れています。

テレビCMでは、吸引力など製品の技術を強調している部分があり、著名なタレントなどを使わずにナレーターが紹介する点が他のCMと異なる点と言えるでしょう。

真ん中に穴が開いている扇風機、胴体がボール状の掃除機など、独特なデザインも特徴的です。

ダイソンの奇抜なデザインは、機能を意識した結果のデザインであり、独自性の技術を確立していることを伝えています。

これらのブランド戦略により、高額商品でも売れ続けることができています。

インテルの戦略事例

主にパソコンの部品を作っているインテルも、ブランド力が高い企業です。

インテルは主に消費者にではなく企業に対して取引を行っていますが、消費者に対してもアピールをしています。

部品の品質や大切さを消費者に伝え、インテルの入っているパソコンは安心、信憑性があることを訴求しています。

テレビCMでの「インテル入ってる」というキャッチフレーズは、重要性を伝えています。

その結果、インテルの知名度は爆発的に広がり、cpuのシェアのほとんどを占めています。

顧客もパソコンを買うとき、インテルが入っているかどうかを選択理由にする人が増えました。

cpuのことを詳しく知る人は多くありませんが、インテルなら間違いないと思うほどのブランド力があることがインテルのブランドの強さと言えるでしょう。

まとめ

・ブランド連想とは、顧客が商品・サービスを購入するとき、どこのメーカーや店が良いか候補として浮かんでいる状態のこと。

・ブランド連想で大事なことは、一貫性を意識すること。

・ブランド連想は、ブランドエクイティの1つの要素である。

・ブランドエクイティは、ブランド認知、知覚品質、ブランドロイヤリティ、ブランド連想の4つで構成された用語である。

・ブランド認知とは、そのブランドを知っているかの度合い。

・知覚品質とは、顧客が持つ商品やサービスの品質イメージ。

・ブランドロイヤリティとは、どれだけそのブランドにファンがいるか、愛着があるかを示すもの。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG