在庫ゼロでEC販売ができるドロップシッピングとは?

これまで商品をネット販売するには在庫を用意し、注文を受けたら発送作業をして購入者に届けるといった方法が一般的な通販サイトでの販売方法でした。 

しかしながら、このような通販サイトの運営はコストや人的資本の問題から、個人事業主や中小企業にとっては参入障壁がかなり高くなります。

そこで注目されているのが在庫も倉庫も発送作業も必要がない、ドロップシッピングです。

そのドロップシッピングについて他の販売方法との違いやメリットやデメリットなどを解説します。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは、簡単に言うと在庫ゼロでEC販売ができる方法です。

一般的な通販サイトと同様に、自分の EC サイトで商品を販売することができますが、販売する商品を在庫で用意しておく必要はありません。

それではどうやって商品を届けるのでしょうか。 

ドロップシッピングサービスを行う卸売業者やメーカーなどのサプライヤーと、あらかじめドロップシッピングの契約をして連携することで、自分のサイトで注文を受けたら、サプライヤーから購入者へ直接商品を届けてもらうことができるのです。 

こういったスキームで在庫を持つことなく、EC サイトで商品を販売することができます。 

通常EC サイトでショップを運営する場合、メーカーなどから商品を仕入れて在庫を持っておく必要があります。

 在庫を抱えるには倉庫代や人件費もかかりますし、売れ残った製品の在庫を抱えるリスクが生じるため、個人事業主や中小企業にはハードルが高いです。

しかしながらドロップシッピングでは在庫を抱える必要がないため、低リスク、低コストで EC 販売が行える方法として注目されています。 

アフィリエイトとは全く異なる

在庫を持たず商品を販売するビジネスとしてアフィリエイトという手法がありますが、ドロップシッピングとの違いは利益の生まれ方にあります。

アフィリエイトはASPという仲介業者と契約を結び、サイトやブログでASPから提供された商品広告を掲載します。

掲載した広告から商品が売れたら、ASPを通じて、広告主の企業から成果報酬が入ってくるという仕組みです。

アフィリエイトでは商品の販売代金は自分の売上にはなりません。

ドロップシッピングは自社が運営するECサイトで商品を販売するため、売れた販売価格がそのまま売上となります。

そして売上からメーカーや卸売業者からの仕入れを差し引いた分が利益となります。

ドロップシッピングでは在庫として仕入れてはいませんが、利益の考え方としては、通常の仕入れて販売する方法と同じです。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングでは在庫を持たないメリット以外にもいくつかメリットがあります。

・在庫を抱えなくてよい

ドロップシッピングの最大のメリットは、在庫を抱えなくて良いことです。

一般的に発注ロット数が多ければ多いほど、仕入原価が安くなることが多いため、仕入原価を下げるために多く仕入れることがあります。

よって在庫を抱えるには大きな資金が必要となります。

しかしながら大金をはたいて仕入れた商品も、売れなければ不良在庫として残ってしまいます。

よってドロップシッピングの在庫を持つ必要が無いというメリットは、特に個人事業主や中小企業にとって絶大なメリットです。

・梱包や発送作業が不要

ドロップシッピングでは在庫を抱えないため、在庫の管理や発送作業も不要です。すべてサプライヤーにおまかせできます。

通常のECサイトで在庫を抱えて販売する場合、 商品を受注してから顧客へ届けるまでの作業が大変です。

商品の梱包、集荷依頼、発送といった作業が必要となり、人的資本も必要となります。

こういった大変な作業もサプライヤーにお任せでき、人件費を抑えられるというメリットもあります。

・すぐにEC事業をスタートできる

EC サイトの環境さえ整えば、すぐに EC 事業を開始できます。

ドロップシッピングを使えば、在庫を持つことで生じる時間を取られることがありません。そういった時間を使って、広告や販売に集中することができます。

・豊富なジャンルの製品を販売できる

基本的にはどんな商品でも販売が可能です。ドロップシッピング専門の卸売業者で豊富なジャンルの製品を取り扱っています。

新たなジャンルの製品を取り扱うことで販路の拡大も期待できます。

・販売価格を自由に決められる

通常のECサイトと同様に商品の価格を自由に設定できます。 

アフィリエイトでは販売価格を決めることはできず、成果報酬の手数料も決まっています。

一方、ドロップシッピングでは通常の EC サイトと同様に商品の価格を自由に設定でき、販売方法も自由に決めることができます。 

販売における自由度が高いこともメリットとなります。

ドロップシッピングのデメリット

ドロップシッピングではメリットがある一方で、デメリットもあります。

導入を検討する前におさえておきましょう。

・利益率が低い

一般的なECサイトでは、在庫を抱える際に大量に仕入れることで仕入原価を安くして、粗利益を高めることができます。 

ドロップシッピングでは在庫を抱える必要がない分、大量ロットでの発注が無く、仕入原価が高くなってしまうのがデメリットです。

販売価格を自由に設定できますが、仕入原価が高くなることで利益率が低くなる可能性があります。

・競合が多い

ドロップシッピングには多くのライバルが存在します。

同じドロップシッピングを使っている業者と取り扱う商品が被ることで、価格競争を強いられます。

また通常の EC サイトもライバルとなりますが、大手企業の EC サイトには価格競争力、集客力があるため、個人事業主や中小企業では太刀打ちできない場合もあります。

 多くのライバルと差別化できるような販売方法を検討しなければなりません。

・商品の選定が難しい

ドロップシッピングに限ったデメリットではないですが、EC販売での商品選定は難しいです。

ECサイトにおける需要やトレンドはものすごい速さで変わっていきます。最新のトレンドを追っていきながら商品を選んでいくことは難しいです。

また人気のある商品を取り扱っても、他のライバルも取り扱うことが多く、販売が集中することで品切れになることもあります。

・迅速なトラブル対処が難しい

梱包や配送作業をサプライヤーにお任せできるのはメリットですが、トラブルが起きた場合にすぐに対応できないというデメリットもあります。

品質や配送に問題があった場合、すぐに対応しなければ、販売元のEC サイト側に悪印象をもたれてしまいます。 

サプライヤー側に大変な作業を任せる分、品質管理やトラブル対応が難しいことを理解しておきましょう。

ドロップシッピングの導入方法

自社のECサイトにドロップシッピングを導入するにあたって、代表的な方法は以下の通りです。

・メーカーへ直接交渉する

取り扱いたい商品がピンポイントで決まっている場合は、直接メーカーに掛け合うことも考えられます。

 DSPなどの卸売業者では取り扱ってない製品を販売できる可能性もあります。また卸売業者を挟まない分、原価を抑えることができ、利益率が高くなることも期待できます。 

しかしながら直接契約は難易度が高いです。メーカーからすると一企業との契約にかかる手間やコストを考えると、卸売業者にまとめて販売した方が楽な面もあります。

よっぽどメーカーにとってメリットのある提案を提示しない限りは、直接契約は難しいでしょう。

・DSP(ドロップシッピングサービスプロバイダー)を利用する

DSPとはドロップシッピングのサービスを提供している業者です。ドロップシッピングの販売側であるショップと卸売業者やメーカーの仲介をおこなってくれます。

販売方法としては、DSPが取り扱っている商品リストの中から自社で販売する商品を決めて、自社の EC サイトに掲載するといった方法となります。

自社の EC サイトで注文を受けたら、DSP の業者に連絡するだけで、梱包や配送を行ってくれます。

あらかじめ掲載用の商品写真や PR文を用意してくれるサービスもあり、 簡単な会員登録で利用できるため、初心者にもおすすめです。

DSPにはさまざまな業者があり、業者によって取り扱っている製品が異なります。既存の商品を取り扱っている業者や、アパレルなどのオリジナルの商品を取り扱っている業者があります。

自社に合う製品を取り扱うDSPを探してみましょう。

まとめ

この記事ではドロップシッピングについてメリットやデメリット、導入方法を解説しました。 

在庫を抱えることなく、配送や梱包をサプライヤーにお任せできるドロップシッピングは EC事業の初心者のスモールスタートとしておすすめです。

自社に適したドロップシッピングサービスを模索して、EC事業にチャレンジしましょう。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG