大注目のメタバースとは?注目されている背景と活用が期待される分野、今後の展望を解説

最近よく耳にする「メタバース」という言葉。

metaが1兆円規模の投資を行ったことで、その注目度は加速しました。

また、多くの企業がメタバースの市場に新しい価値を見出しており、ビジネスチャンスに期待しています。

このように注目されているメタバースですが、実際はどのようなものなのでしょうか?

今回はメタバースとは具体的にどのようなものなのかを始め、注目されている背景からメタバースの今後の展望までを解説します。

メタバースとは

メタバースとはなんなのでしょうか?

一般的には、インターネット上に構築された仮想空間で自分のオリジナルキャラクター(通称:アバター)を介して仕事をしたり、遊びを行ったりできるサービスです。

「一般的に」と表現しているのは、実はメタバースの定義はまだ定まっておらず、概念が広いため一概にこれがメタバースであるという風に断言できません。

仮想空間と表現していますが人によっては、多くの人が参加して構成される現実世界のゲームをメタバースと呼ぶこともあります。

仮想空間で行うサービスがメタバースであるという決まりは現時点では存在しませんが、今後メタバースが目指す未来がはっきりと定まってくれば、定義が決まってくるかもしれませんね。

メタバースとVRの違い

メタバースは仮想空間上に存在するサービスであるため、VRとどうぎなのではと思う方もいるかもしれません。

しかし、VRとは「Virtual Reality(仮想現実)」のことをさし、仮想空間上で現実に非常に近い体験をするサービスのことです。VR機器を使用して、自分の目で体験をします。

また、1人で体験できる、楽しめるのも特徴です。

一方メタバースは、仮想空間でアバターを作り出して、他社と交流することをメインとしたサービスです。

1人でも楽しめる要素はあるかもしれませんが、大勢での仮想空間上でコミュニケーションをとることを目的としているため、VRとは異なります。

メタバースが注目されている要因

メタバースは2021年後半から急速に注目され始めました。

では、なぜこんなにも注目されているのでしょうか?

その要因を2つ紹介します。

IT技術の発展

IT技術の発展が大きな要因の一つです。

VR技術を筆頭にARやMRといった技術の発達が加速したことや、5Gの導入でインターネット回線の速度が高速になり、インターネットを使用するメタバースに容易にアクセスが可能になりました。

誰もがインターネットに気軽にアクセスできるようになったことで、メタバースに興味を持つ消費者が増加しました。

また、NFTの出現もメタバースへ注目を集める要因になっています。

NFTとは、「非代替性トークン」と言われており、インターネット上でき作成した絵画などのデジタル資産を唯一無二のものである証明できる技術のため利用されています、

NFTの登場により、デジタル資産のコピー品作成が難しくなったため、希少性の担保が可能となり仮想空間での販売するハードルが劇的に下がりました。

コロナ禍によるビジネスチャンスの誕生

コロナウイルスのまん延によって、在宅ワークが普及したことも大きな要因です。

在宅ワークで人と交流する機会が減ってしまったことで、仮想空間上でのコミュニケーションに注目する人が増え始めました。

また、NFTの登場によってデジタル資産の安全性が向上したことで、いままで商品の販売に踏み切れなかった業界などが販路を広げることが可能になっています。

つまり、新たな商品販路としてメタバースが注目されています。

メタバースがに秘められた可能性

大注目のメタバースですが、どのような可能性を秘めているのでしょうか?

メタバースの普及によって実現可能になることを2つ紹介します。

世界中の人々と交流が可能となる

メタバースはインターネット上に存在する仮想空間です。

そのため、インターネット環境とVRゴーグルがあればいつどこにいても、参加が可能です。

つまり場所を選ばないため世界中の人がインターネットを介してつながることで、交流が容易に行えます。

現時点では、ゲームでの活用が大きいためゲーマー達の交流場所としてのイメージが強いです。

しかし、最近はメタバース内で音楽ライブを行うアーティストや公園や街並みの再現を行うなど、現実世界に近い街並みや体験を提供する動きが活発になっています。

現実に近い世界になることで特定地域だけでなく、世界中からメタバースに参加する人が増えて日本にいながら、海外にいる友人などと恋時間を過ごすことが可能になります。

店舗に行かずに自分に合った商品の購入が可能となる

メタバースでは、アバターを操作して仮想空間で交流を行います。

つまり、自分の分身として扱うため自分の特徴等を反映しやすく出来ます。

自分の特徴を反映させたアバターで衣服を試着して、サイズが合いそうなら購入、合わなかければ別のサイズを試すということもインターネット上で出来るようになり、現実世界にも反映できるのではないかと検討されています。

インターネット通販の場合は、大体のサイズは分かっても実際に来てみるまで、サイズが明確にはなりません。

一方メタバースでアバターに自身の身長や体重を反映できれば、仮想空間内の店舗で購入した商品は現実世界で実際に着用してもズレが少なくなります。

このように店舗に行かずに試着して、購入までが行えるかもしれません。

メタバースが抱える課題

世界を変えてしまいそうなくらいの可能性を持ったメタバースですが、比較的新しい概念のため、課題は山積みです。

そのなかでも大きな課題となっている2つを紹介します。

メタバース内の法整備

新しい概念であるメタバースには、法整備やルールの策定が追いついていないのが現状です。

現在の法律やルールは現実世界に存在しているモノに対して定められており、所有権も実在するモノにのみ適用されています。

そのため、メタバースのような仮想空間上での取引やモノを対象としていません。つまり、仮想空間上で取引に関する問題が発生しても現時点では適用できる法律やルールがなく、安全性に欠けています。

しかし、その問題を解決するために2021年に「バーチャルコンソーシアム」という、仮想空間上での法整備や商取引ルールを定めて、メタバース運営の安全性を測る団体が発足しました。

VR機器の普及

仮想空間をよりリアルに体験するためには、VR機器が欠かせません。

しかし、現状のVR機器の普及率は高くなく、機器自体もスマートフォンと比較すると持ち運びには不向きです。

また、VR機器は現状高額であるため手にできる人が限られています。

このような問題を解決して、いかにVR機器を普及させるかがメタバース拡大のカギになっていきます。

まとめ

仮想空間でコミュニケーションを測ることが可能になるメタバース。

新たなビジネスチャンスとしても注目されており、企業の新規参入によってメタバースは今後ますます拡大して行くことが予想されます。

しかし、それにともなう法整備やVR機器の普及をいかに行うかが拡大のカギです。

この問題を乗り越えた時、メタバースは爆発的に広まることが予想されます。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG