ギグワークとは?フリーランスやアルバイトとの違い、会社側のメリット、注意点を解説

ギグワークを知っていますか?

IT技術の進歩や働き方改革により、さまざまな働き方が増えている現在、新しい働き方の一つであるギグワークが注目を集めています。

ギグワークは「単発・短時間で働く」という意味で、副業の一つとして挑戦する人が増えています。

本記事では、ギグワークの特徴を始め、混同されがちな単発アルバイトとの違い、会社側が知っておきたいメリットや注意点を紹介します。

ギグワークに興味がある人はもちろん、ギグワーカーの活用を検討中の会社役員もこの記事を読むことで、ギグワークを理解できます。

ギグワークとは

アメリカで2019年ごろから使用され始めて、意味は英語の「Gig」と「Work」を合わせた造語です。

一度きりの演奏・セッションを表す「Gig」と、働くことを表す「Work」と合わせて、「単発で短時間に働く仕事」を意味するのがギグワークです。

ギグワークで働く人をギグワーカーといい、ギグワークでは継続的な雇用形態はありません。

代表的なギグワークの例は、ウーバーイーツの配達員です。

ウーバーイーツの配達員は、雇用形態が継続的でないため、働く場所・時間の自由度は非常に高いです。

ギグワークの特徴を解説

ギグワークには主に、「単発の仕事」「短時間でスキマ時間に働ける」「会社など組織に所属しない」という3つの特徴があります。

ギグワークは会社員やアルバイトのように継続的な雇用形態が存在せず、長期間同じ場所で働く必要もありません。

自分の好きなタイミングで単発の仕事をして短時間で収入を得ることができるため、自分で仕事とプライベートのバランスをコントロールしやすいです。

スキマ時間で仕事が可能な点も特徴の一つで、もう一つの収入源が欲しいという副業感覚で働くことが可能です。

また、会社などに所属しなくていいため継続的な人付き合いが苦手でも取り組みやすいです。

ギグワークと混同される単発アルバイトなどとの違いは

ギグワークと聞くとよく、「単発のアルバイトとかフリーランスと一緒でしょ?」という声が聞こえます。

しかし、ギグワークは単発アルバイト、フリーランスとは別物です。

また、クラウドソーシングと勘違いされることもあります。

では、どのような違いがあるのでしょうか。

単発アルバイトとの違い

単発のアルバイトとの違いは、「雇用関係の有無」と「労働時間」の2点です。

ギグワークの場合は会社との雇用関係は生まれませんが、単発アルバイトの場合は就業先との雇用関係が生まれます。

また、労働時間に関してギグワークは「1時間単位」もしくは、ギグワーカーが「1時間単位で指定」するというのが一般的なのに対して、単発アルバイトの場合は就業先が「1日単位」で定めることが多いです。

フリーランスとの違い

ギグワークとフリーランスでは、どちらも雇用関係の有無はありません。

しかし、案件の「発注単位」が異なっています。

フリーランスは、1つの案件やプロジェクトが終了するまでの場合が多く、継続的に仕事が発生しています。

また、成果物にかける作業時間が予定よりも長くなっても、逆に短くても報酬は契約時から変わりません。

一方、ギグワークは「時間単位」で仕事が発生します。

ギグワークに必要なのは、仕事の行動的ノルマのみで、作業時間が予定よりも長くなればその分報酬が増加し、逆に短ければ減少します。

クラウドソーシングとの違い

会社がインターネット経由で不特定多数の求職者に仕事を発注する仕組みがクラウドソーシングです。

さまざまな仕事が登録おり、クラウドソーシングで募集している仕事で、短時間で単発的である仕事をギグワークと認識しておきましょう。

タスク形式の仕事は代表的な例です。

一般的にギグワーカーはインターネットやSNSを活用して、仕事を獲得しています。

そのため、クラウドソーシングを活用することが多いです。

ギグワーカーを会社が活用するメリット

ギグワークのことを知ると、ギグワーカーだけにメリットが存在しているように見えてきますよね。

しかし、ギグワーカーに仕事を依頼することは会社にとってもメリットが大きく、多くの効果があります。そのメリットについて説明します。

人件費の抑制

ギグワーカーと会社には、雇用関係が発生しません。

通常、雇用関係が発生すると継続的に人件費がかかりますが、単発の仕事であるギグワークは、継続的な人件費は発生しません。

そのため、人件費を抑えることが可能です。

会社が支払う費用としては、作業時間分の報酬と募集するために使用したプラットフォームの利用料のみです。

人を雇用している時に発生する、毎月の固定給料や各種保険料、社員への福利厚生などはありません。

また、採用にかかる人件費、新人研修費など高額となることが多いこれらの費用もかからないため、結果的に大幅な人件費削減に繋がりやすくなります。

突発的な人手不足への対応

社内で雇用できる人数って制限がありますよね。

例えば、繁忙期には社員の中で仕事を回さないといけなくなります。そのため、突発的な人手不足には対応が難しいです。

でも、ギグワーカーの場合は、「時間」もしくは「労働内容」で契約するため人材を欲しいタイミングで必要な労働力を確保することが可能です。

また、仕事の繁忙期があれば閑散期もありますよね。閑散期は過剰に労働力を抱えずに済みます。

募集する際に、必要なスキルや経験を指定することで即戦力を効率良く確保できるため突発的な人手不足にも対応しやすくなります。

会社の生産性向上

必要とするときに必要とするスキルを持つ人を募集できるのが、ギグワークです。

また、さまざまな業務を依頼できるという点もあります。

そのため、会社があまり時間をさきたくない業務をギグワーカーに依頼することによって、社員は会社の主力業務に注力できます。

人手が欲しく、業務にもさほど専門性が必要としない業務をギグワーカーに依頼して、マーケティングや社内改善などの自社社員しか行えないような業務を進めることで、会社のパフォーマンスや商品・サービスのクオリティ向上に繋げることが可能です。

会社の生産性を向上させるためにも、ギグワーカーの活用はとても魅力的です。

会社がギグワーカーを活用する際の注意点

会社側のメリットが多いギグワーカーへの仕事依頼。でも、信頼性が欠けていることには注意が必要です。

スキルの基準を掲載していても、依頼するまでスキルや人間性はわかりません。

そのため、人によって仕事に対する取り組み姿勢や品質はバラバラになることが多いです。

また、単発アルバイトなどと違い教育の時間もあまり確保できません。

そのため、誰が取り組んでも一定の基準を超えられるような「マニュアル」を用意しておきましょう。

まとめ

今回はギグワークについてご紹介しました。

ギグワークとは、雇用契約が発生せず短時間で非継続的に仕事をすることで、近年注目されている働き方です。

単発のアルバイト、フリーランスとは異なる働き方で、会社はギグワークとして募集することで、生産性の向上につながるなどメリットが多いのが特徴です。

一方、信頼性が低いという点には注意が必要です。

そのため、作業基準を満たせるような「マニュアル」の用意は忘れないようにしましょう。

ウーバーイーツの配達員を筆頭にこれからますます増えてくるであろうギグワークという働き方。

この機会に一度、ギグワークで人材を募集してみるのはとてもおすすめです!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG