個の時代を生き抜くためのセルフブランディングとは?

新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の影響で、多くのビジネスパーソンの働き方は、大きく変わりました。

特に、最近は「個の時代」と呼ばれることも多く、企業や組織に属さない働き方も広まりつつあります。

そこで、注目を集めているのが、セルフブランディングです。

今回は、組織に縛られず個の時代を生き抜くための、セルフブランディングについて、解説していきたいと思います。

セルフブランディングとは

セルフブランディングとは、文字通り自らの力でプロモーションを行い、認知度を広めていくブランディング手法のことです。

セルフブランディングの主な手法は、SNSでの認知度拡大、書籍出版による権威付けなど、戦略的に自分の価値を訴求することで、ビジネスにつなげていくというものです。

パーソナルブランディングとの違い

セルフブランディングによく似た言葉に、「パーソナルブランディング」と呼ばれる手法があります。

その違いは以下の通りです。

・セルフブランディング:企業や組織に属しない個人がブランド化していく取り組み。

・パーソナルブランディング:企業や組織内にいる一個人をブランド化する取り組み。

両者とも、戦略的に個人をブランディングするところは似ていますが、方向性が違います。

セルフブランディングは自分自身で自発的にブランディングを行えますが、パーソナルブランディングは、組織に属している以上、自分の都合で好き勝手にブランディングを、行うことができません。

組織の期待通りの、ブランディングを行う必要があるという点が大きな違いと言えます。

セルフプロモーションとの違い

他に「セルフプロモーション」というものもありますが、意味合いがやや異なります。

その違いは以下の通りです。

・セルフブランディング:プロモーションでなく、あくまでブランディングの一環で行う。

・セルフプロモーション:自らの営業活動や集客のためのPR活動など、あくまでプロモーションの一環で行う。

上記の通り、ブランディングとプロモーションといった、大きな違いがあります。

また、ブランディングとプロモーションの違いは以下の通りです。

・ブランディング:ブランドイメージやブランド力を高めるための活動

・プロモーション:ブランドの販売促進を行うためのPR活動

混同しがちな両者ですが、しっかりと理解することで、経営の戦略が立てやすくなるため、ぜひ参考にして頂ければと思います。

セルフブランディングを行うメリット・デメリット

次に、セルフブランディングを行うメリット・デメリットについて解説させて頂きます。

■メリット

①市場で他者と差別化できる

セルフブランディングを行い、自分だけの魅力を伝えていくことで、市場で独自のポジショニングを行うことができます。

また、他者との差別化が実現し、価格競争に巻き込まれなくなります。

②信頼度が高まる

専門性と独自性が確立するため、「〇〇といえば、この人!」というような存在になることができ、信頼を高めることができます。

加えて、影響力をつけることで発信力が高まるメリットもあります。

③ファンを増やすことができる

セルフブランディングを進めていると、自身の活動を応援してくれるファンができます。

最初は少ないかもしれませんが、長期的な顧客になってくれる可能性が高く、収入は安定していきます。

また、ファンが口コミで自身の活動を広めてくれるため、新たな仕事が増えたり、仕事の幅も広がっていきます。

■デメリット

①一度定着したイメージを払拭するのが難しい

良くも悪くも、一度定着したイメージを払拭するのは難しいです。

特に、自分に偏ったブランドイメージが定着してしまうと、新たな分野にチャレンジしようとした際、今までのイメージが足を引っ張る可能性があります。

②小さなミスだったとしても信頼を失った際のダメージが大きい

例えば、企業の場合、従業員1人が小さなミスをしても、そのミスが組織全体のブランドイメージに、影響を及ぼすことは滅多にありません。

しかし、一個人がブランディングしている場合、一つのミスが自らのブランドイメージを、下げてしまう危険性があります。

③許容量を超える仕事が来る場合がある

個人事業主やフリーランスの場合、自分がこなせる仕事量に限界があります。

特に、ブランディングが成功した場合、許容量を超える仕事が舞い込んでしまい、案件を断って信頼を落としたり、無理に仕事を受けすぎて仕事の質が下がるといったリスクが出てきます。

セルフブランディングの構成要素

セルフブランディングは以下の要素で設計していきます。

STEP1.発掘:自分の実績やエピソードをもとに、ブランドの土台を作る。

STEP2.抽出:自分の強みやパーソナリティを、洗い出してブランドを作っていく。

STEP3.ターゲット:ブランドのターゲットを決める。

STEP4.パッケージ化:ブランドをパッケージ化し価値を販売していく。

STEP5.ポジショニング:市場での立ち位置を明確にし、他者との違いを明確にする。

上記のように、自分自身の実績やエピソードをもとにブランドを形作り、ターゲットに向けて自分自身のもつ価値やコンテンツを、顧客に提供していきます。

加えて、市場での差別化も重要となります。

他者との、違いを明確にして、市場でしっかりポジショニングしていくことが重要になります。

セルフブランディングの注意点

セルフブランディングのデメリットの中でも解説しましたが、一度ブランドイメージが定着してしまうと、その後の方向転換が難しくなる可能性があります。

例えば、自分がビジネスを行っている業界が衰退期に入ってしまう場合があります。

そうなると、今後のビジネスが危なくなります。

このような時に備え、うまくイメージチェンジを行える「ゆとり」を用意しておく必要があります。

また、目の前のビジネスだけでなく、業界全体のトレンドや時流を常に意識し、他者に対してのアンテナを張り巡らせておくことも重要です。

なぜなら、業界が衰退期に差し掛かった際に、早いタイミングでキャッチアップできていれば、迅速に方向転換ができるからです。

セルフブランディングの取り組み方

最後に、セルフブランディングの取り組み方について解説いたします。

1.長期的に取り組む

セルフブランディングは、結果が出るまで時間のかかるブランディング手法です。

もし今のあなたが、会社員で個人事業主やフリーランスに転身する予定の場合、会社員であるうちに、セルフブランディングを進めておくのも良いでしょう。

会社員であるうちに実績を積んでおけば、自身の強みや独自性を明確にする準備ができているため、フリーランスになってからスムーズに、セルフブランディングの効果を発揮することができます。

2.自分自身が発信できるメディアを持っておく

個人でビジネスをする場合、発信できるメディアを持っておくのも良いです。

SNSやブログ、YouTube、WEBサイトなど、自分の得意とするメディアで問題ありません。

自らメディア配信を継続することで、それがあなたのポートフォリオとなり、デジタル資産になります。

加えて、メディア発信を通して「自分はこういう人間です」「こういう想いでビジネスを行っています」といった自分自身のパーソナリティを、伝えることもできるためオススメです。

まとめ

今回は、組織に縛られず、個の時代を生き抜くための、セルフブランディングについて、解説させて頂きました。

企業が、予算をかけて行うブランディングとは違い、個人事業主やフリーランスが行うセルフブランディングは、毎日の積み重ねが重要になります。

長期的に戦略を立てて、信頼や独自性を意識してコツコツと発信することが、成功への近道といえます。

ぜひ本記事を参考に、まずは楽しむ気持ちでセルフブランディングに挑んでみてはいかがでしょうか!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG