人的資本とは?特徴や流れを併せて解説!

近年、第四次産業革命などの産業構造、個人のキャリア観の変化など、企業を取り巻く環境は、大きく変化してきました。

企業が事業環境の変化に対応し、持続的に企業価値を高めるためには、事業ポートフォリオの変化を見据えた、人材ポートフォリオの構築や組織の構築など、

経営戦略と適合的な人材戦略と同時に、企業価値向上に向けた人的資本の非財務情報の活用が重要です。

経産省が、2020年9月に「人材版伊藤レポート」を公表して以降、企業の中で人的資本関連の課題が注目されるようになりました。

デジタル化や脱炭素化、コロナ禍における人々の意識の変化など、非財務情報の中核に位置する「人的資本」が、実際の経営でも課題としての重みを増してきています。

世界では以前から、人的資本情報の開示が進んでいましたが、その傾向は継続しています。

国内でも、2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コードにおいて、人的資本に関する記載が盛り込まれました。

経産省は、「人的資本経営の実現に向けた検討会」を設置し、持続的な企業価値の向上を目指し、経営戦略と連動した人材戦略について議論を重ね、「人材版伊藤レポート2.0」を2022年5月に公表しました。

人的資本・人的資産と情報開示における日本の動向、企業サイドの姿勢

人的資本とは、物やお金が一般に資本と呼ばれるように、人間の持つ能力を資本として考える経済学の用語です。

企業においては、採用や研修、労働安全といった「人材」にまつわる様々なエリアのことを指します。

2020年8月、米国証券取引委員会(SEC)が、上場企業に対して、人的資本に関する情報開示を義務化しました。

日本でも、2021年6月に行われた、東証のコーポレートガバナンスコードの改定により人的資本の情報開示がが義務化されました。

どの企業も、今後対応していく必要があります。

資本の定義・人的資本とその他の資本との違い

ここでは、資本の定義や、人的資本とその他の資本との違いについてご紹介します。

資本とは

資本とは、基本的に「投資」の対象のことです。

資本に対して投資を行うと、将来の価値を増幅できると考えられています。

資本には、土地や建物、機械、貨幣などの、有形財産からなる「有形資本」と、従業員の有する特殊な技能や著作権といった、無形財産からなる「無形資本」があります。

人的資本とその他の資本の違い

人的資本は、「無形資本」に分類できます。

人的資本は、人件費や従業員数として数値化することが出来ます。

「有形資本」に属する「財務資本」や「製造資本」のように、資本効率を機械的に上げることはできませんが、人材にうまく投資を行い、高い資本効率の達成も見込めるのが、人的資本の特徴です。

「人」に関する資本のため従業員の能力、意欲などをうまく使えば、少ない人数で売上を改善することも期待できます。

無形資本の標準的な分類方法では、人的資本に加え、

・知的資本

・社会・関係資本

・自然資本

という、3つの無形資本が存在します。

「知的資本」は、組織的な知識ベースの資本で特許権や著作権などが、代表例として挙げられます。

「社会・関係資本」は、個々のコミュニティや多様なステークホルダーとの関係で、個別的・集合的幸福を高めるため、情報をシェアする能力のことをいいます。

「自然資本」は、空気や水、土地、鉱物、森林など、再生可能および再生不可能な環境資源やプロセスなどのことです。

企業は、人的資本を含めた6つの資本がどのように増減しながら、相互に影響しあっているかを把握し、外部とコミュニケーションしていく必要があります。

ESG投資への関心の高まり

人的資本の開示が活性化した背景として、ESG投資への関心の高まりがあります。

ESG(イーエスジー)は、「Environment」「Social」「Governance」の頭文字から形成された造語です。

近年は、企業が長期的な経営戦略を考慮するとき、「二酸化炭素の排出量の削減」「積極的な情報開示」など、ESGに取り組む必要があるという考えが定着しています。

ESG投資においては、企業の財務指標だけでなく、「環境への配慮や社会と良好な関係を築けているか」「企業の統制がきちんと取れているか」といった、非財務指標も加味して投資を進めていきます。

そのため、「Social(社会)」に該当する企業の人的資本の開示が求められてきます。

人的資本・人的資産は年々重要性が増している

米国証券取引委員会は、2019年に『Recommendation of the Investor Advisory Committee Human Capital Management Disclosure March 28, 2019(投資家諮問委員会の勧告 人的資本管理の開示 2019年3月28日)』を発表しました。

その中で述べられている、米国の代表的な株価指数「S&P500」の市場価値の構成要素を参考に考えると、1975年当時、有形資産の割合が8割超ですが、1990年代になると、無形資産の割合が7割近くまで増加しました。

2000年以降は無形資産の割合が8割を超え、増加傾向が続く無形資産の中でも、特にその重要性が増しているのが、人的資本だと言われています。

ESG投資への関心の高まりやISO30414の策定などを背景に、人的資本の開示の動きが活発になっています。

これから本格化の予想される代表的な企業としての施策

「守り」に視点を向けたデータ収集、開示サイクルの定着

多様性や働き方などの、共通化した項目に関する情報を収集し、開示する体制を整えることが初めの一歩です。

例えば「女性活躍推進」や「男性育休」は、投資家だけでなく採用市場においても、市民権を獲得しつつあります。

競合他社や労働市場における標準と比較し、課題となる点を分析し、改善するサイクルの定着が目的です。

戦略性の高いKPI・目標設定、社内での対話の推進

次に、開示内容に対して、戦略性やストーリーを含めます。

女性管理職〇%、男性育休取得率〇%が実現された場合、企業はどのように成長するのか、そもそも実現可能性は存在するのかなどを、企業の成長戦略や人材戦略との関係性を正しく理解できる、KPIや目標設定を進めることが一例です。

軸を絞って項目を開示した上で、制度や組織文化と連動させ、従業員が共感やメリットを感じ、納得できる目標を立てることが重要です。

社内からの、定期的なフィードバックやエンゲージメント調査を利用したモニタリングを行い、離れていく人がいないかなどを確認すると良いでしょう。

まとめ

人的資本の開示は、「企業活動において、人的資本に対する投資の正当性」や「自社が企業として継続して成長できる可能性」を内外に示すため、企業として行う必要性の高い対応です。

ぜひ、人的資本開示に向けた取り組みを、本記事を参考に行ってみては、いかがでしょうか。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG