ポータブルスキルとは?構成要素と活用法法を併せて解説!

ポータブルスキルという言葉を知っていますか?

聞いたことはあるけど、良く分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はポータブルスキルの構成要素と活用方法を併せて解説していきます。

ポータブルスキルとは

ポータブルスキルとは、業種や職種に関係なく、どんな環境でも活用することのできるスキル(=持ち運び可能なスキル)のことを指します。

具体的には、以下のようなスキルが当てはまります。

・対人力

・課題解決力

・交渉力

・プレゼンテーション力

ポータブルスキルは、厚生労働省から「職種の専門性以外に、業種や職種が変わっても持ち運びができる職務遂行上のスキルのこと」と定義されており、35〜55歳のミドル層人材の有効活用のために、期待されています。

終身雇用が当たり前だった時代から、誰もが気軽に転職ができるようになった時代の中で、高いポータブルスキルを持っていることは、さらなるキャリアアップを目指すことができます。

また、ポータブルスキルは転職活動時以外にも、社内での異動などの環境の変化があった際にも、活用することができるため、なるべく早い若いうちに身につけることを意識することが重要です。

ポータブルスキルの構成要素

厚生労働省「“ポータブルスキル”活用研修」において、ポータブルスキルの構成要素は、「専門技術・知識」「仕事のし方」「人との関わり方」の3つだと提唱されています。

それぞれ解説していきます。

専門技術・専門知識

「テクニカルスキル」とも呼ばれるこのスキルは、特定の業務を遂行するために必要な知識や技術のことを指します。

これらのスキルは、活用できる場面は限られており、従来の労働市場では最も重要視されていました。

現代においても、35〜55歳の即戦力が期待されているミドル層において、これらの専門技術や専門知識は重要視されています。

仕事のし方

仕事のし方は、以下の3つに分類することができ、どれも業務において高いクオリティでパフォーマンスをするために重要な要素です。

・課題を明確にする

・課題に対しての計画をたてる

・計画を実行する

①課題を明確にする

課題を明確にするスキルは大きく分けて「現状を把握するスキル」と「課題を設定するスキル」に分けることができます

課題を明確にするためには、まず現状を十分に把握する必要があり、はじめは情報収集から行うと良いでしょう。

その後、集めた情報を分析して評価することで、新しく発見できた課題が会社全体の課題なのか、もしくは各部署における課題なのかを明確にすることが可能になります。

課題を明確にするには、多くの情報収集が必要になるため、課題設定のスキルとともに他部署の人から、聞き取りを行うコミュニケーションスキルなども必要になるでしょう。

現状を冷静に把握して分析した結果、より良くするためには何が課題なのかを明確にするスキルは、環境に関係なく重要なスキルと言えます。

②課題に対しての計画をたてる

課題を明確化することができたら、次は課題解決に向けて計画を立てましょう。

計画を立てる際には、いつまでに課題を解決するのか、解決するためには何が必要か、過去に似たような内容を取り扱った事例はないのかなどを調査することが重要です。

目的達成のために、逆算して計画をたてることができるスキルというのは、仕事のみならず多くの場面で活躍するスキルと言えます。

③計画を実行する

課題に対して立てた計画を実行するためには、納期というプレッシャーを感じながらも柔軟に対応することができるスキルを身につけることが重要です。

加えて、計画を実行するスキルを身に付けながら、スケジュール管理力やマネジメントスキルもつけることができます。

立てた計画に対して、予定通り遂行するスキルは、職場や部署に関係なく活かすことができるようになります。

ポータブルスキルの活用方法

場所を選ばずに活かすことができるポータブルスキルですが、具体的にどのような場面で活用できるのでしょうか。

具体的な活用事例を、ここからはご紹介していきます。

採用シーンでのポータブルスキル

新しい従業員を採用する際、ポータブルスキルを基準に採用をすることで、入社後に即戦力になる人材を見つけることが可能になります。

例えば、専門的な知識や技術を持っている人材を採用したとしても、対人力が乏しく、社内でコミュニケーションを上手く取れないのであれば、スキルを十分に活かすことはできません。

それだけではなく、コミュニケーション不足によって社内の雰囲気が悪くなり、従業員の生産性が下がる恐れも考えられます。

一方で、ポータブルスキルを基準にして採用活動を行うことと、あらかじめその人の「対人力」や「課題解決力」などのレベルを把握することができます。

その結果、入社後に他の従業員とコミュニケーションを取り円滑に業務に取り組むことができるでしょう。

人材育成シーンでのポータブルスキル

人材育成を行う上でも、ポータブルスキルは重要な役割です。

まずは、今の職場において必要なポータブルスキルは何なのかを洗い出すことから始めましょう。

必要なスキルを洗い出した上で、従業員のスキル習得状況を理解することができたら、それぞれに足りていない教育や研修を実施することができます。

それぞれに足りていないポータブルスキルを習得させることで、従業員のキャリア形成をサポートすることができるのと同時に、企業の成長に繋がる可能性もあります。

ポータブルスキルを伸ばす方法

ポータブルスキルを伸ばすためには、以下のポイントが重要になります。

・現状把握をする

・伸ばすスキルを決めて効率的に鍛える

現状を把握する

まずは、今の自分にどのスキルが足りていないのかを把握することから始めましょう。

数多くあるポータブルスキルを5段階評価し、評価によって今の自分は何ができていて、何ができていないのかを把握することが重要です。

可能であれば、身近な人に評価してもらい、もっと正確に現状把握を行うようにしましょう。

現状把握をすることで、今後どのようなスキルを伸ばしていくのかを決めることができます。

伸ばすスキルを決めて効率的に鍛える

現状把握が終わったら、次は伸ばすスキルを決めていきましょう。

ポータブルスキルは、数十種類あり全てを伸ばそうとするのは、効率的ではありません。

今の自分に足りていないスキルの中から、優先順位を決めてから鍛えることで効率的に鍛えることができます。

優先度を決める際には「自分の強みを伸ばす」「仕事で成果を上げるために伸ばす」の2つのポイントを抑えて決めると良いでしょう。

効率よくスキルを伸ばすためには、優先度を決めてひとつずつ習得していくようにすることが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ポータブルスキルは、資格の勉強などとは違い、自分で意識することで習慣になり、習得することができるスキルがほとんどです。

どこに行っても、活躍することができる人材になるためにも、若いうちからポータブルスキルを身につけることを意識しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG