デリゲーションとは?目的とメリットを併せて解説! 

昨今の社会における効率重視の風潮によって、デリゲーションというマネジメント手法が重要とされています。

「デリゲーションとは、何かよく分からない」というように、思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、デリゲーションに対する悩みを抱える方へ、デリゲーションの本来の役割や、メリットやポイントについてわかりやすく解説していきます。

デリゲーションとは

デリゲーションとは、簡単に言えば、リーダーの仕事を部下に任せることです。

デリゲーションは「他人にどれだけの仕事を委任できるのか?」を実行できる人間が、仕事のできる賢い人間の証明となります。

そのためには、デリゲーション(権限委譲)をすることで、企業や組織の仕事をいかに上手く回し、生産性を高めるかが重要になります。

リーダーが1人で全ての仕事をこなしていては効率が悪く、生産性も非常に下がってしまうのは、想像に難くないでしょう。

デリゲーションを行うには、まずはリーダーが部下を信頼し、任せた仕事の失敗を覚悟することや、成果を焦らず成長を見守る必要があります。

お互いの方向性や部下への期待度、報告・相談・連絡の義務を持つ大事さを伝えることも重要となるのです。

デリゲーションの目的

デリゲーションとは、仕事のやり方ではなく結果を重視するマネジメント手法です。

そのため、必ずしも適任者が仕事をこなす必要は、ありません。

加えて、効率化を図ることへ重きを置く代わりに、結果を出す責任を持たせることで、生産性の向上と当人の成長を促せます。

そして当然、部下の成長には相応の時間が必要となり、リーダーは我慢強く成長を見守る忍耐が求められ、自分自身の成長にも繋がるでしょう。

デリゲーションの目的をまとめると、以下の4点となります。

・リーダーの仕事量を減らし、効率化を図る

・組織全体のパフォーマンスを向上させる

・成功体験と失敗体験を重ね、部下を育成する

・部下に仕事を任せることで、リーダー自身が成長する

ここでは、それぞれの目的について詳しく説明していきます。 

リーダーの仕事量を減らし、効率化を図る

デリゲーションは、リーダーの仕事を減らし、1人で仕事をこなすよりもはるかに良い成果を生みやすくさせます。

いくら有能な人間でも、1人でこなせる仕事量には限界があるため、リーダーがすべて背負うと組織は、円滑に動きません。

しかしながら、デリゲーションを活用することで仕事が分散するため、生産性が上がると同時に、組織内での仕事が上手く回るようになります。

組織全体のパフォーマンスを向上させる

組織のパフォーマンスの向上は、リーダー本来の責務です。

権限委譲は、生産性上昇と効率化ができるため、組織のパフォーマンス向上を権限委譲の目的として挙げることができます。

リーダーが、自分の仕事の一部を部下に任せて時間を捻出し、その時間を別の重要性の高い業務に投下することで、新たな価値が生まれます。

成功体験と失敗体験を重ね、部下を育成する

部下の育成は、リーダーにとって、最も重要な課題といっても過言ではありません。

仕事を任せることで、最も効果的な育成方法が可能となります。

新たに用意されたステージを任された部下は、成功体験と失敗体験を何度も重ねることで、成長するでしょう。

成功体験は、成果を得られるだけでなく、部下に自信を与え、次のレベルへと向かうチャレンジ精神を育みます。

加えて、失敗体験は部下に学習の機会を与え、次のレベルへ向かうために必要な準備を悟らせるのです。 

部下に仕事を任せることで、リーダー自身が成長する

部下の仕事ぶりに口出しせず、リスクの直面を恐れて委譲を取り消さず、部下の成長を見守り信頼することで、リーダーは成長できます。

お互いの成長のためには、デリゲーションの前にしっかりと話し合い、お互いが安心し合える関係を構築しておくのが望ましいでしょう。

デリゲーションのメリット

デリゲーションを行うにあたって、以下4点のメリットが挙げられます。

・リーダーが本来すべき業務に専念できる

・部下に任せることで、現場は素早く判断ができる

・部下のやる気が向上する

・部下が学習する場をつくれる

それぞれがどういったメリットなのか、詳しく説明していきます。 

リーダーが本来すべき業務に専念できる

これは先ほど、いくら有能なリーダーでも1人ではすべての業務ができないと説明しました。

業務を部下に譲ることで、リーダーは自分が取り掛かるべき業務へと専念するのです。

そして部下に仕事を任せた後で大切なことは「1度部下に仕事を任せたら、口出ししない」ということです。

リーダー自ら、部下に仕事を任せたにも関わらず、監視のごとく干渉するのは、生産性悪化の原因にもなるのです。 

部下に任せることで、現場は素早く判断ができる

デリゲーションを活用することによって、意思決定のスピードアップを図れます。

例えば、仕事で何かを決める際、毎回リーダーに確認を取って進める形だと、最終決定までに、時間がかかって業務も滞るでしょう。

しかしながら、デリゲーションの活用によって部下自らが意思を決定できれば、組織での動きが円滑になり、生産性の向上が期待できるのです。

部下のやる気が向上する

人は、仕事の権限と共に責任を与えられると、他人事から自分事へと意識が変わるものです。

つまり、権限委譲をするときに、任せた仕事の背景やなぜその人に委譲するのか、を説明すれば、部下のやる気が向上していきます。

それは、どんなに単純な作業でも変わりません。

任せる仕事の背景と理由は、しっかりと伝えていきましょう。 

部下が学習する場をつくれる

デリゲーションにより、本来は上司が行うべき「決定権のある仕事」を部下に任せるため、部下の立場は、普段よりも責任のある立場になります。

その中で、成功経験と失敗経験を繰り返し、部下自身の能力や自信、自尊心などを向上させることが、最終的には組織の持続的成長につながるのです。

デリゲーションを行うためのポイント

デリゲーションを行うためには、

・部下と目指す結果と期間を一致させておく

・任せる範囲を決める

・部下をどう応援するかを考える

・成果や効率ではなく、成長や効果を見る

以上、4点のポイントを抑えていきましょう。 

部下と目指す結果と期間を一致させておく

何をいつまでに達成するか、結果によってどのような報酬が期待できるかなどを、事前にしっかりと話し合う必要があります。

なぜなら、仕事を任せられる部下は目的と期限が明確になるため、迷うことなく仕事が進められるからです。

任せる範囲を決める

デリゲーションは、全ての権利を委任することではありません。

あらかじめ守るべき基準やルールを教えたり、どこまでを部下に任せ、どの部分をサポートするかといったバランスを取るのもリーダーの仕事です。

加えて、失敗する可能性の高いところがあれば、最初に教えておくのをオススメしますが、やり方を指示するのは控えましょう。 

部下をどう応援するかを考える

仕事を任せた部下によっては、何かしらの問題が生じて相談に来るでしょう。

そのような場面で「全部自分でなんとかしろ」と突き放すのでは、終わる仕事も終わりません。

あらかじめ、どのような形で部下を応援するか決めることも大切です。 

成果や効率ではなく、成長や効果を見る

デリゲーションの本質は、やり方を問わず仕事を終わらせることです。

ですが、仕事を任せた部下の成長やデリゲーション自体の効果を、見る必要もあります。

普段よりも、難しく慣れていない仕事を任された部下は、やりきった達成感や次の仕事へのチャレンジ精神を持つことができます。

そのため、この経験の繰り返しが部下を大きく成長させ、さらには部下の成長が企業の成長にも繋がるのです。

まとめ

デリゲーションの活用を成功させるカギは、部下との間に信頼関係を構築することです。

その信頼関係を構築するためには、まずは自分が部下を信じ、尊重しましょう。

部下に仕事を任せることは、長い目で見れば、部下とリーダー自身、そして会社の成長を図る戦略です。

その戦略を立て、実践することができるのはリーダーの自分だけという意識を、今日から持っていきましょう。

 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG