人材マネジメントとは?注目される背景やポイント、実行手順を併せて解説!

人材マネジメントとは

人材マネジメントとは、企業のビジョンや経営目標を達成するために、戦略的に人材を管理することを指します。

現代において、競合他社との差別化や、競争力の優位性を保ち強化していくために、適切な人材の配置や育成をしていくことが、重要となっています。

適切な人材マネジメントは、従業員のモチベーションやパフォーマンスの向上に繋がり、やがて企業全体の成長を導くことに繋がります。

人事管理や労務管理との違い

人材マネジメントと似ている言葉に、「人事管理」と「労務管理」があります。

人事管理は、従業員の採用や異動、賃金などの管理を指します。

労務管理は、福利厚生などの管理を指す言葉です。

一方、人材マネジメントは「管理」に加えて「経営」の視点が入ります。

人材マネジメントが注目される背景

人材マネジメントが注目される背景には、

少子高齢化による人手不足

求められる人物像の変化

働き方の多様化

という3つの理由があります。

少子高齢化による人材不足

まずは、少子高齢化による人材不足が挙げられます。

限られた人材リソースを有効活用するため、従業員一人一人のモチベーションやパフォーマンスを、最大化して生産性を上げる人材マネジメントに、注目が集まっています。

求められる人材像の変化

現代は、VUCA(Volatility/変動性、Uncertainty/不確実性、Complexity/複雑性、Ambiguity/曖昧性)の時代と言われています。

消費者のニーズが多様化し、テクノロジーが進化し続ける現代で時代の先読みをすることは、極めて困難になっています。

VUCAの時代になったことによって、以前は終身雇用を前提として幅広い知識やスキルを持つ「ゼネラリスト」が求められ、育成されてきましたが、今は特定の知識・スキルに特化した「スペシャリスト」が、求められるようになりました。

スペシャリストを、採用・育成するための手法としても、人材マネジメントは注目されています。

働き方の多様化

近年では、働き方改革の影響で、ワークライフバランスが浸透しつつあります。

残業の少なさや休暇の多さを求めて求職する人が、増えているのです。

加えて、新型コロナウイルスの流行から副業や在宅ワークといった新しい働き方も広がっています。

こうした働き方の多様化に、柔軟に対応して従業員のモチベーションを上げることを目的として、人材マネジメントが、見直されています。

人材マネジメントを構成する6つの要素

人材マネジメントには「採用」「育成」「評価」「処遇」「配置・異動」「休職・復職」の6つの要素が、含まれます。

それぞれについて詳しく解説します。

採用

企業の経営戦略達成に必要な人材を考え、採用します。

適切な採用ができれば、企業の競争力や優位性を高めることができます。

育成

従業員の職種や役職に合わせて、スキルアップを図ります。

具体的には、現場でのOJTやスキルアップ・資格取得のためのセミナー、勉強会などが挙げられます。

評価

従業員の職種や役職ごとに適切な評価を行い、昇給や昇格を行います。

従業員のモチベーションが上がるように、評価の制度を整えましょう。

処遇

従業員の能力や成果に対して、給与や福利厚生などの報酬を与えます。

評価に対して、整合性の取れた報酬を与えることで、従業員のモチベーションを上げることに繋がります。

配置・異動

従業員の適性に応じて部署異動や人事配置、出向を行います。

最初に配属された部署が、その従業員に合っているとは限らないと同時に、長期間同じ部署にいるだけでは、能力アップを図ることが困難になってしまいます。

定期的に、配属を見直して適材適所の人事配置を行いましょう。

休職・復職

従業員の体調やライフステージに合わせて、適切な休暇を設けます。

スムーズに、復職できるように支援を行うことで、従業員は企業に長く勤めてくれるようになります。

人材マネジメントを行う際の4つのポイント

適切な人材マネジメントを行う際に、重要な4つのポイントをご紹介します。

企業の方向性と一致させる

人材マネジメントとは、経営戦略の達成のために、人材を有効活用していくことです。

そのため、人材マネジメントは、企業の経営戦略の方向性と一致させる必要があります。

人材マネジメントと企業の方向性に、ズレがあった場合には、従業員は何を目標にしたらいいのかわからなくなり、混乱するだけでなく、企業に不信感を抱きかねません。

まずは、経営戦略を明確化し、どのように人材を活用すれば企業の成長に繋がるのか、検討することが、人材マネジメントの成功に繋がります。

従業員自身に目標を設定させる

企業の方向性や目標を従業員に共有したら、従業員自身に目標を設定させるようにしましょう。

企業が、一方的に目標を押し付けるだけでは、従業員全体のモチベーションは上がりません。

従業員自身が、目標を立てることで、従業員のモチベーションを維持し、企業全体の成長に繋げることができます。

加えて、従業員が立てた目標を達成したときに、報酬を与えることも有効な手段です。

公平性を持たせる

年齢や国籍、性別などによって評価が変わると、従業員から反発されかねません。

従業員の多様性を受け入れ、公平に評価するようにしましょう。

結果や成果だけではなく、従業員のポテンシャルも見極められるような評価を行うことで、より公平性を保つことが可能です。

現場と連携する

現場に、評価や報酬の詳細を伝えておくことで、従業員のモチベーション向上を、図ることができます。

現場のマネジメント層に対して、会社が必要とする人材層を伝えておくことによって、教育や指導が正しい方向性で行えるようになります。

現場との連携が、人材マネジメントを成功させる鍵となります。

人材マネジメントの手順

人材マネジメントを行う手順を解説します。

企業の課題を確認する

人材マネジメントは、経営戦略の達成のために行います。

まずは、企業の目標と目標達成のための課題を洗い出し、社内全体に共有していきましょう。

課題達成に必要な人材像を確認する

課題を確認したら、課題達成に必要な人材の要件を設定します。

具体的にどのような人材が必要なのか、誰でもすぐに分かるように、明確な文章にして共有していくと有効的です。

計画を立てる

不足している人材を、確保するための計画を立てます。

採用だけでなく、教育や福利厚生の充実化も、必要な人材確保の手段となります。

そのため、従業員の声にもしっかりと耳を傾け、足りない部分を補っていく必要性があります。

情報を共有する

計画の情報は、しっかりと分かりやすい文章にして、共有していきます。

計画を、経営層や人事担当だけでなく、現場に周知することで、細部まで行き届いた教育や評価が行えるようになります。

実行・フィードバック

人材マネジメントの計画を立て実行に移したあとは、フィードバックして改善することが、重要です。

計画どおりに進んだか、計画は適切だったか、必要な人材像は合っていたか、といった点に注目しましょう。

まとめ

人材マネジメントとは、企業のビジョンや経営目標を達成するために、戦略的に人材を管理することです。

流動的な時代に合わせて、人材マネジメントの重要性も、高まっています。

人材マネジメントの要素やポイント、実行手順をしっかり確認したうえで、適切な人材管理ができるようにしましょう。

 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG