ペーシングとは?話し方で変わる!人間関係構築のための効果的な会話術

ペーシングとは、相手の言語、非言語に合わせてコミュニケーションを図るスキルの一つです。

ペーシングを身に着けると短時間で相手の警戒感を取り除き、安心感や親近感を持ってもらえます。

特に初対面や仕事、家庭、恋人などの関係を円滑に保つことができる話し方です。

この記事では、ペーシングの意味や効果、ビジネスシーンでのペーシングの活用方法について解説していきます。

ペーシングとは?わかりやすく解説

ペーシングは、実践的な心理学や脳科学などで開発されてきた神経言語プログラムから生まれたコミュニケーションスキルになります。

コミュニケーションスキルの中に「ラポール」と呼ばれる心理学の法則や本能の影響、脳科学で用いられるミラーニューロンの働きにより、考えの理屈ではない無意識レベルでお互いに深い関係を築き上げられるスキルです。

その際に用いられるのがペーシングで、相手のコミュニケーションに合わせる意味合いを持つ「ペース」が語源になります。

相手とのコミュニケーションのペースには「話す速度」や「声量の大小」、「リズム」などがあり、会話する相手に合わせることでペーシングが図られ、相手に安心感や親近感を与えることが可能です。

ペーシングは話す言葉だけではなく、非言語な情報をコミュニケーションで取り入れることで、お互いに信頼関係を築き上げることができます。

相手とコミュニケーションを取ることが得意な方なら、さらに説得力や影響力を高められ、コミュニケーションが苦手な方には体の力を抜いて気軽に話ができるようになるスキルです。

ペーシングから得られる効果とは

ペーシングはコミュニケーションで相手の警戒感を取り除き、安心感や親近感を与えることができるスキルです。

ペーシングで以下のような効果が得られます。

  • 円滑なコミュニケーションを取ることができる
  • 信頼関係を築くことができる
  • 親近感や安心感が生まれる

そのために相手が自分への肯定感や重要感を満たして信頼関係を高め、重要な存在として認識してもらえます。

その結果として、会話や提案などを受け入れやすくなり、お互いにより良い関係性を築き上げることが目的です。

特にコミュニケーションを図ることが仕事のプロにとっては必須のスキルの一つです。

ビジネスシーンでは以下のようなコミュニケーションスキルが欠かせない場面で使うと効果が高いとされています。

  • 職場での部下の育成
  • 社員のモチベーションアップ
  • 営業での交渉
  • プレゼンテーション

相手から信頼を得られれば大切な話を聞き入れてくれたり、提案を受け入れてくれたり、重要な仕事を任せてくれたりと得られる効果は多いです。

相手との関係性はビジネスでは、とても欠かせない大切なものになります。

また、相手の話し方や身振り手振りに合わせてコミュニケーションを取ることで無意識に自分と似た感覚を感じさせることができるスキルです。

このペーシングの感覚は心理学の「類似性の法則」と言われており、感覚を誘導することで起こります。

心理学の類似性の法則とは「人は自分に似た共通点があると親近感が生まれ、関係性が増し同じ動作をする傾向が高まる」と言うものです。

この法則を活用したものをペーシングと呼び、円滑なコミュニケーションを取ることができます。

動物は本能レベルで影響を受け、同形のものを味方、異形のものを敵とみなす防衛本能が働く心理的動作が強いです。

そのために、ペーシングを活用して相手と同じ感覚を持つことで警戒感を解き、親近感や安心感が生まれやすい傾向があります。

ミラーニューロンと言われる働きで脳細胞の動きで相手に対して理解度や共感力が高まりやすく、話す相手と同調することで信頼関係を構築できる重要なコミュニケーションスキルです。

ペーシング【基本編】職場での人間関係に必須のコミュニケーションスキルとは

ペーシングの基礎は「話し方」や「声の特徴」、「表情」、「リズム」などを相手に合わせてコミュニケーションを取る方法になります。

例えば、次のような手法があります。

  • 相手のペースに合わせる
  • 相手のコミュニケーションを真似る
  • 相手の話し方や声に合わせる
  • 相手が使う単語をさりげなく組み合わせる

これらを簡単にまとめると、相手の会話と同じようにコミュニケーションを図ることになります。

初めて会う方や初対面での会話では相手のペースに合わせてコミュニケーションを取ることが重要です。

相手のコミュニケーションを「真似る」ことで、相手に共感を与えることができ、自然と会話からのストレスを取り除くことができるのです。

また、コミュニケーションを取る際に、相手の話し方や声に合わせ、相手が使う単語などをさりげなく組み合わせることで、相手の関心度をアピールすることもできます。

これらの方法を別名では「ミラーリング」や「マッチング」、「バックトラッキング」と言う用語が使われているスキルです。

ペーシングと合わせてこれらを活用することで、相手の興味が増し、より良いコミュニケーションを図ることができます。

職場での人間関係を築くために欠かせないコミュニケーションスキルであるペーシングは新たな人事にも影響が現れています。

特に若手の人材採用の現場では一番に重要視されているコミュニケーションスキルです。

新たな人材である若手は経験が浅く、専門性に乏しいので面接や入社後にスキルを養うことを前提に採用する必要性があります。

そのため、中長期的に若手人材を育成することを踏まえた採用が欠かせなく、ペーシングスキルを活用した人材が持つ天性の才能や性格、考え方を尊重した見極めが重要なのです。

つまり、ペーシングは職場作りに無くてはならないコミュニケーションスキルの一つになります。

ペーシングの目的と有効な活用方法とは

ペーシングを意識的に行う理由は相手との信頼関係の構築にあります。

人間は言葉の意味や考え方だけで相手を信頼するわけではなく、お互いの関係性で少しずつ親近感や安心感を与えることができる生き物です。

また、年齢を重ねた経験豊かな方ばかりではないので、人とのコミュニケーションを取る難しさを和らげることが大切になります。

ペーシングは、相手とのコミュニケーションで損や失態をなるべく少なくするために欠かせないスキルです。

特に、人はうまく考えを言語化できないことや、考えが上手に組み立てることが難しいレベルでのコミュニケーションにはペーシングスキルの効果が発揮します。

会話の相手との信頼関係が構築されると、積極的に話を聞いてくれるようになり有効的です。

会話の相手との信頼関係をより深めるために、ペーシングを行うべきなのです。

ペーシングを職場作りに活かすには

ペーシングは仕事で相談を受けるプロ達で多く活用されているコミュニケーションスキルの一つです。

ペーシングは会話をする相手とのコミュニケーションで力を発揮します。

職場での相手の話し方や状況、表情などのペースに合わせて会話することが重要です。

仕事相手に安心感や親近感を与えることでお互いの一体感が生まれ、コミュニケーションが取りやすくなります。

そのため、自分の身の回りにいる部下や後輩、家族、恋人など相手との関係性を高め、より良くするために欠かせないツールです。

大手企業で成功を収めているチームでは最も重要視され、心理的な安心感がある中で仕事を進めることができます。

ペーシングを活用した構築可能な信頼関係は、風通しの良い社風環境や仕事仲間同士で尊重し合える環境作りへの貢献が期待できるスキルです。

ペーシングを使ったテクニックと応用スキル

ペーシングは話し相手と同調してコミュニケーションを取ることで、お互いに安心感や信頼感を築き上げられます。

ペーシングには基本的なスキル以外に以下3つの応用スキルがあります。

  • 五感の優先順位
  • 無意識
  • 価値観の共有

五感の優先順位は主に人が持つ視覚や聴覚、触覚、味覚、嗅覚などを指します。

これらの五感は、何かを行う際によく使われる情報処理です。

無意識は本人の自覚なく、情報処理する方で思考的にクセがあるようなものになります。

価値観は相手が大切にしているキーワードで自由や一体感、思いやりと言うものです。

人は自分の価値観をねじ曲げてまで、相手の価値観に合わせるのではなく、相手が大切にしているものを尊重することが大切になります。

単純に相手に合わせるのではなく、相手の感情を大切に誘導することも欠かせません。

これらの応用スキルは主にクレーム対応に活用されています。

ペーシングは感情的に怒る、理性的で対照的な口調で話して、相手の話の内容を一つずつバックトラッキングしながらクレームを解消していくのが基本です。

ペーシングの応用で相手が言いたいことを告げるに従い、落ち着きを取り戻してくれます。

ペーシングとは相手の感情を読み取りながら状況を踏まえて考えて適切な対応を取ることができる幅広いスキルです。

ペーシングスキルの注意点

ペーシングは相手をコントロールする行為や自分の影響力を高めることが目的ではありません。

そのために、相手が目上の上司やお客様などに間違った使い方をすると逆に効果が無効になり半減します。

ペーシングを活用する場合はコミュニケーションを取る相手を尊重して信頼性を築くために用いることが大切です。

スキルを活かすことは大切ですが、相手との関係性を大事に、相手を理解して安心してもらうために使うようにしましょう。

ペーシングなどのコミュニケーションスキルは使う人の意図次第では武器にもなりますので、しっかりと理解して相手とのより良い関係性を築き上げることが重要です。

まとめ

ここまでペーシングについて解説してきました。

ペーシングは、相手との信頼関係を築くことができるコミュニケーションスキルの一つです。

ビジネスシーンでペーシングを活用することで、良い職場づくりや、取引先とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。

ぜひこの記事を参考にして、意識して取り入れてみてください。

 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG