ベストプラクティスの意味とは?言葉の使い方や、導入のメリットなどをご紹介!

ベストプラクティスとは

ベストプラクティスとは、直訳で「最善の方法」という意味です。

直訳どおりの意味も持っていますが、使う場面や業界によって、派生として「業界標準」や「成功事例」といった意味を持つこともあります。

その他にも、「効率的な方法」「最善の対処法」「まだ見ぬ手法」などといった意味になることがあります。

ベストプラクティスは「現時点での」最善の方法であるため、ベストプラクティスであったものが、現時点ではベストプラクティスとならなかったり、逆に現時点ではベストプラクティスでないものが、将来ベストプラクティスとなったりすることがあります。

ベストプラクティスと関連した言葉

ベストプラクティスと関連した言葉として、

  • ベストフィット
  • セオリー
  • バッドプラクティス
  • ベンチマーキング

が挙げられます。

それぞれ詳しく解説します。

ベストフィット

「ベストフィット」は「最良適合」という意味の言葉です。

経営戦略や企業の施策に合わせて最適な人材を選出・育成することを、ベストフィット・アプローチといいます。

セオリー

「セオリー」は「理論」や「定石」という意味の言葉です。

ビジネスシーンでは、「効果的な方法」や「決まったルール」という意味でも使われます。

セオリーは「セオリー通りにプロジェクトを進める」「セオリーを確立する」といった、使い方をします。

バッドプラクティス

「バッドプラクティス」は文字通り「ベストプラクティス」と対称的な意味を持つ言葉です。

「非効率的な方法」や「悪しき見本」「失敗例」といった意味で使われます。

加えて、「多くの人がやりがちであり改善する必要のある慣習」や「プロジェクトの進行を妨げる根源」といった意味でもバッドプラクティスが使われます。

ベンチマーキング

「ベンチマーキング」は、ベストプラクティスと並べて使われることも多い言葉です。

「ベンチマーキング」とは、競合他社のベストプラクティスやそれによるパフォーマンスを分析することを意味します。

ベストプラクティスを分析したのち、自社に導入することまでを、ベンチマーキングということもあります。

「ベンチマーク」という言葉もありますが、これは比較のための基準そのものを指します。

ベストプラクティスの使い方

ベストプラクティスという言葉の使い方を、以下の意味に分けてご紹介します。

  • 最善の方法、効率的な方法
  • 業界標準
  • 成功事例

それぞれ詳しく解説します。

最善の方法、効率的な方法

「最善の方法」「効率的な方法」という意味で使う場合は、『このプロジェクトを進行する上で、ベストプラクティスはこの方法です』というように使います。

具体的に説明すると、この場合の「ベストプラクティス」は「最も効率的な方法」という意味になります。

会話の中で、ベストプラクティスという言葉が出てきたときは、「最善の方法」「最も効率的な方法」という意味になることが多いです。

加えて、医療現場でベストプラクティスという言葉が出てきたときには、「そのとき取りうる最善の対処方法」という意味になります。

業界標準

「業界標準」という意味で使う場合には、『弊社の製品はベストプラクティスです』という使い方をします。

「業界標準」という意味の「ベストプラクティス」は、主にIT業界や技術分野で用いられます。

その業界の中で最も多く使用される規格や製品、もしくは標準的で最適と認められる場合に「ベストプラクティス」という言葉を使います。

成功事例

「成功事例」という意味で使う場合では、『弊社のサービスのベストプラクティスを集めました』という言い方をします。

成功事例を集めたもののことを「ベストプラクティス集」ということがあります。

他社のベストプラクティスをチェックして活用することで、自社の成長を促すことに繋がります。

ベストプラクティスのメリット

ベストプラクティスを導入するメリットを、詳しく解説します。

業務の効率化

ベストプラクティスは現時点での最善の方法のことです。

最善の方法とは、つまり最も効率的な方法のことでもあるので、ベストプラクティスを取り入れるイコール業務の効率化ということになります。

他社の優れた手法が導入できる

自社で一から手法を生み出すためには時間も費用もかかります。

他社のベストプラクティスを導入することで、コストを大幅に削減することができます。

また、他社ならではの手法を自社に取り入れることで、自社だけでは気づかなかった新たな発見をすることもできるでしょう。

ベストプラクティスのデメリット

ベストプラクティスにはデメリットも存在します。

理論上の話である

ベストプラクティスは、あくまで理論上最善の方法であるということです。

現実的に実行できないベストプラクティスは、かえって効率を悪化させることもあります。

例えば、大勢の社員を抱える大企業だからこそ実行できるベストプラクティスが、社員が数人規模の中小企業にとっては、ベストプラクティスにはなりえないことがあります。

自社の風土や社員に合ったベストプラクティスはなんなのか、考えて取り入れる必要があります。

導入コストがかかることがある

ベストプラクティスを導入すればコスト削減になりますが、導入段階ではコストがかかるという場合があります。

社員たちが、既存の方法で慣れている場合、新たな方法に慣れるまでに時間を要することもあるでしょう。

導入コストを考えると既存の方法を続けた方が、効率が良いというケースも考えられます。

人材育成にベストプラクティスはない

性格や思考は人によって異なり、同じ手法でもその成果は様々です。

人材育成には、それぞれの人材に適したアプローチが必要となり、共通のベストプラクティスを、利用するということができません。

まとめ

ベストプラクティスは「最善の方法」という意味のビジネス用語です。

使う場面や業界によっては、「業界標準」や「成功事例」を意味することもあります。

プロジェクトを進行するための効率的な方法や、業界の中で標準的な製品、サービスの成功事例などを紹介する際にベストプラクティスという言葉を使うことがあります。

ベストプラクティス導入の主なメリットとしては、業務効率化などが挙げられます。

しかしながら、既存の方法の方が効率的であるという場合などには注意が必要です。

自社で、実行可能なベストプラクティスを取り入れて、業務効率化や企業の成長を図っていきましょう。

 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG